内臓脂肪と戦うぞ!

年齢とともに増加していく内臓脂肪。目に見えないから気付かないことが多いかもしれませんが、目に見えないからといってほっといてはいけません。この内臓脂肪によって生活習慣病を引き起こしてしまう可能性があるのです。

最近、よく耳にする「メタボリックシンドローム」というのもその1つです。「メタボリックシンドローム」は「内臓脂肪型肥満」と言われていて、脂肪の中でも内臓にたっぷりとたまってしまった内臓脂肪によってなるものです。

それらを避けるためには、内臓脂肪を落とすことが大切です!!

当サイトでは、内臓脂肪とは何かということから内臓脂肪と皮下脂肪の違い、落とし方について紹介しています。このサイトを見て内臓脂肪をなくしましょう!!

内臓脂肪って?

内臓脂肪とは、内臓の周りにつく脂肪のことをいいます。

内臓脂肪は、お腹まわりの筋肉(腹筋)と内臓の間につくため、外からでは分かりづらく内臓脂肪がついているかどうかはCTスキャンなどで断面映像をチェックするかしか方法はありませんが、毎日ウェストサイズを計る事も内臓脂肪を発見するための参考になります。内臓脂肪は、筋肉を動かすエネルギーとして使われるので、脂肪酸の出し入れがしやすく、代謝が活発なのです。

皮下脂肪との違い

内蔵脂肪と皮下脂肪の違いを脂肪が付く場所の違い、役割の違い、身体に与える影響、内臓脂肪と皮下脂肪の関係といった4点から説明します。

内臓脂肪レベル

体組成計で測定できるもののひとつに、内臓脂肪レベルというのがあります。 内臓のまわりについている脂肪を内臓脂肪といい、内臓脂肪の蓄積を調べる方法は、腹部(おへその高さで)CTを撮り、それを特殊なパソコンで測定し計算します。

そうすると内臓脂肪の面積が分かり、内臓脂肪の面積が100c㎡以上だとメタボの可能性があります。

内臓脂肪を落とす

内臓脂肪を食事療法で落とす場合は、まずは早食いを直すことです。物を食べてから脳が満足感を感じるまでにかかる時間は20~30分になり、それまでに全部食べてしまわないようにゆっくり食べることです。そして、運動療法で落とす場合は、いきなりマラソンやハードな運動では長続きしないだけでなく、筋肉痛や間接をいためたりすることがあるのでオススメなのはウォーキングとストレッチです。

New Information

過去の記事一覧

Recommend

ペット火葬 東京http://www.suireisha-petceremony.com/