内臓脂肪って?

内臓脂肪とは

内臓脂肪とは、内臓の周りにつく脂肪のことをいいます。

内臓脂肪は、お腹まわりの筋肉(腹筋)と内臓の間につくため、外からでは分かりづらく内臓脂肪がついているかどうかはCTスキャンなどで断面映像をチェックするかしか方法はありませんが、毎日ウェストサイズを計る事も内臓脂肪を発見するための参考になります。内臓脂肪は、筋肉を動かすエネルギーとして使われるので、脂肪酸の出し入れがしやすく、代謝が活発なのです。

内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、運動などである程度までは楽に落とすことが可能になります。

内臓脂肪は目に見えない内臓の部分につくため、見た目には痩せていてもそれは皮下脂肪がついていないだけで、内臓脂肪がついているという人もいることでしょう。

男性と女性では、筋肉が男性の方が多い体質になので、体脂肪率が同じ男性と女性であれば、男性の方が女性より内臓脂肪が多くついているということになります。男性が中年を迎えるとお腹周りが出てくるというのは、このせいです。

男性の場合ウェストサイズが85cm以上、女性の場合は90cm以上あれば、内臓脂肪が多い可能性があるので注意した方が良いと思います。

内臓脂肪は病気の原因

内臓脂肪は内臓の位置を正しく保ったり、衝撃を和らげるクッションの役割がありますが、つきすぎると大変危険な体脂肪なのです。

この内臓脂肪こそが様々な生活習慣病を引き起こす元となるといってもいいでしょう。

ダイエットとか、脂肪とかいう場合、何かと皮下脂肪ばかりに目が行きがちだと思いますが、さほど、健康に悪影響はありません。

内臓脂肪は代謝が活発なため、つきやすく、落としやすいという性質を持っているので、誰でもすぐに落とせ、遅すぎるということはないです。

ただし、落としやすいというのは、遊離脂肪酸として血液中に溶け出しやすいということでもあり、余分な脂肪が血液中に溢れ出るという弊害が起こるということでもあります。これが血液中に脂肪があふれる「高脂血症」をはじめ、高血圧症、糖尿病、動脈硬化などの原因となります。

どろどろの血は血管の壁にコレステロールを蓄積し、動脈の弾力をなくして、通り道も狭くしてしまいます。これが動脈硬化であり、当然、血圧も高くなります。

成分的に見ても、内臓脂肪はインスリンの作用を低下させる物質を産生しており、糖尿病を引き起こします。血栓を作りやすくする物質も産生しているため、脳梗塞、心筋梗塞の原因にもなってしまいます。

そのほか、血管の平滑筋を増殖するので動脈硬化になりやすく、血圧を上昇させる物質も産生しているので、高血圧症の原因にもなります。