内臓脂肪レベル

内臓脂肪測定器の測定方法

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて、増えるのは早いですが比較的減らしやすい脂肪だと言われています。

内臓脂肪はいろいろな病気に関係しているため、生活習慣病にかかって薬で治療している人も、内臓脂肪を減らすことによって、症状が緩和され、薬による治療も軽減される可能性があります。自分の体の内臓脂肪の状態を知るため、内臓脂肪を測定することをお勧めします。

内臓脂肪の測定法として一般的なのが、CTスキャンを使う方法でしょう。

へその高さで腹部CTスキャンを撮り、断面の面積から内臓脂肪を求める方法になります。ほかの検査でCTスキャンを撮る時に、あわせて測定することもできるので、機会があれば積極的に測定して、自分の体の内臓脂肪の状態を把握しておく方がいいと思います。

内臓脂肪レベルとメタボの危険性

体組成計で測定できるもののひとつに、内臓脂肪レベルというのがあります。

内臓のまわりについている脂肪を内臓脂肪といい、内臓脂肪の蓄積を調べる方法は、腹部(おへその高さで)CTを撮り、それを特殊なパソコンで測定し計算します。

そうすると内臓脂肪の面積が分かり、内臓脂肪の面積が100c㎡以上だとメタボの可能性があります。

体組成計は、内臓脂肪面積の大小を30段階にレベル化したもので、簡単にいうと、人間をおなかで輪切りにした場合、その断面に内臓脂肪面積がどれくらいあるのかを推定しているということになります。

内臓脂肪レベル「1」は、およそ内臓脂肪面積10c㎡に相当します。レベル値が大きいほど、内臓脂肪面積が大きい、つまりは内臓脂肪が多いということです。

内臓脂肪レベル判定表

  • レベル1~9・・・標準
  • レベル10~14・・・やや高い
  • レベル15以上・・・高い

内臓脂肪レベル「10以上」になると生活習慣病の危険性が高くなるということです。内臓脂肪レベル「10」は、およそ内臓脂肪面積100c㎡に相当し、このレベル「10」を超えるとメタボの可能性が高くなってしまい、生活習慣病の危険性が高まることが指摘されています。